高齢者になってから特に怖いとされる病気の認知症。

 

ですが、最近は40代50代の若い世代での発症者も出てきているので、軽視できなくなってきました。

 

物忘れから始まり、どんどんを思い出せなくなってきたら一度病院に行った方が良いかもしれませんね。

 

しかし、認知症は今症状が出てない時から予防すれば将来発症するリスクを下げることができる可能性があるものなので、予防法方法をしっかりと確認しておくようにしましょう。

 

認知症予防のポイント

 

アルツハイマー型認知症や脳血管性認知症は糖尿病や脳血管障害などの生活習慣病から引き起こされる確率が高く、それを予防していくことで認知症予防につなげることができます。

 

その予防方法は、以下のようなものがあります。

 

・運動を良くするようにする

・達成感を味わうようにする

・他人と交流するようにする

 

そもそも身体を動かすというのは、脳が機能しているからこそできることです。

 

なので、運動をすれば脳を刺激することができます。

 

認知症予防は、目に見える達成感や成果が表れるとは限らないので、何かしらの作品を作ったり、記録に残したりすることで達成感を味わうようにしましょう。

 

やってきたことが目に見える形で残るとやる気に繋がります。

 

そして、家族と会話をする、知人と会話をするなどの他人との交流を持つことで生活が豊かになります。

 

また、上記のような事を好きで生活に取り入れるようにするとより良いでしょうね。